見守りサービスで企業と自治体が連携

総務省の統計によると、高齢者のいる世帯のうち1/4が単身世帯といわれており、高齢者の一人暮らしが増えています。

このような状況の中、離れている家族が今日も元気だと確認できる、あるいは異変があったときすぐに気付くように、高齢者の見守りビジネスがいろいろと出てきました。

例えば家電のシャープが販売しているテレビは、電源スイッチを押すと画面に体調について質問する項目が出てきて、「良い」「普通」「悪い」から選ぶと自動的に家族にメールが配信される仕組みになっています。

高齢者は体調が悪くても家族に迷惑をかけまいと、電話やメールではその旨を伝えることを控えがちです。しかし、この仕組ならボタンを押すだけなので抵抗が低くなっているといえるでしょう。

シャープはテレビを活用した見守りサービスを広めようとしており、2014年11月から町の電気屋さんでも見守りに参加できるシステムを始めました。

具体的には、電気屋さんと見守りサービスと契約すると、体調が悪いボタンを押した場合に電気屋さんが高齢者の自宅に様子を見に行く等のサービスをしてくれます。

一人暮らしの高齢者の場合、家族が体調が悪いというメールをもらっても、すぐには対応がとれないケースがあります。しかし、電気屋さんとサービスを契約しておくと、家族になりかわって対応してくれるというメリットがあります。

他には、水道水のメーターにセンサーを配置することで水道の使用状況を監視し、家族にメール配信する見守りサービスもあります。1時間以上水を出しっぱなししていたり、12時間以上水を出していない場合には、地域の民生委員の方などと連携して様子を見に行ってもらうサービスもあります。

ただし、毎日メールが来るからと安心していると、逆に電話などのコミュニケーションがおろそかになることが懸念されますが、ある地域では配信メールをきっかけにコミュニケーションのきっかけが増えたという事例があります。

水の使用状況では様々なことが分かるようです。例えば、3日間水道の使用量が減っている場合は、風邪をひいていてお風呂に入れない等の推測をするなど、様々な活用方法を拡大していくようです。

高齢者の見守りは、もちろん自治体も取り組んでいるのですが、高齢者の増加があまりにも急激に進んでいるため、自治体だけでは追いついて行けない状況です。

このため、自治体が企業と連携して高齢者の見守りに取り組む例も増えてきております。例えば、業種によっては家庭に訪問する形態のサービスを行っている、新聞配達や生協、コンビニも店舗によっては配達をしているところがあるので、自治体と連携して見守りサービスに協力している事例もあります。具体的には、配達したときに異変に気づいたら市町村の福祉課に電話してもらうなどのフォローをお願いする等の取り組みです。

配達員が気付くことを一例として挙げてみます。

  • 新聞が2,3日たまっている
  • 電気が夜だけでなく昼もついている
  • いつも家がきれいに掃除してあるのに、このところ掃除されていない
  • 水やりの時間帯なのにいない
  • 犬がエサをもらえていない

企業がこのような見守りサービスに取り組むことで販売が増加するというメリットもありますが、社会貢献ができるということもあるので、今後広まっていくことが予想されます。

八王子のある行政書士事務所では、配偶者ビザの更新を専業としていた業務を、一人暮らしの見守り訪問サービスも加える取り組みをしています。

今後、一人暮らしの高齢者が激増すると推測されていますが、企業の見守りサービスは多様性をもって拡大していくことでしょう。

アスペルガー症候群でも入居できるサ高住

アスペルガー症候群という病気を知っていますでしょうか。
病名からは症状が理解し辛いかと思います。
アスペルガー症候群とは自閉症の中の一つのタイプになります。
他人との社会関係を持つこと、コミュニケーションをとること、想像力に乏しいことで判断することができます。
子供でも大人でも同様な症状のため年齢に関係なく診断することができます。
アスペルガー症候群は知的障害を伴いません。
コミュニケーションについて特異性があります。また何もせずに放っておくと鬱病にもつながると言われています。
よく空気が読めないという表言をすることがありますが、アスペルガー症候群アスペルガー症候群の人にはそういったことご多く見られます。空気を読むことが苦手な反面、突出した記憶力があるのも特徴です。
何気なく目にした新聞の野球選手の打率を覚えていたりなどします。
アスペルガー症候群とADHDと比較されることもあります。
自分ではなかなか自分がアスペルガー症候群かどうか診断することはないと思います。
親が子供をよく見てあげることが必要です。
病気を理解して受け入れることが必要です。
アスペルガー症候群の診断テスト受けた結果、アスペルガー症候群と診断されたからといって何もできないわけではありません。
ほかの人に比べて優れた能力も持っています。
そこを伸ばしていってあげる手助けや導きをするのがおやの役目だとおもっています。インターネットサイトでも質問に答えるだけで簡単に診断できるものもあります。
しかし自閉症やADHDなど他の要素も関わるため、専門家の診断を受けることを勧めます。
また本人より周りの人間が少し違うなと気付くのも特徴の一つです。
身近にそのような症状の人がいたらまずはその人自身を受け入れてあげることが必要です。
原因がはっきりしない部分があるので誰に起こってもおかしくないものです。脳の先天的な障害と言われていますがどこの部分に障害を起こしているかなどはまだ未確定です。
より高い能力を発揮することも認められていますが、チックや多動症などの症状も併発するため、周りの人間が理解を示し早く専門医にかかれるように社会全体で取り組む必要があると思います。
診察は複数回にわたります。
レントゲンなどでわかるものではないので、時間をかけて何度も問診する必要があります。
コミュニケーションがうまく取れないと悩んでいる方は専門医を訪れてみてください。
自己判断ではなく周りの人と関わることが大事です。

透析対応 サービス付き高齢者向け住宅

長期間に渡り人工透析を受けていなければならないと言うご高齢者が増えてきているのですが、サービス付き高齢者向け住宅への入所を考えた際に自己透析を受ける事が出来るのかどうか、大きな問題だと言われています。

全てのサービス付き高齢者向け住宅で人工透析を受ける事が出来るわけではありませんが、多くの高齢者向け住宅では地域のクリニックと連携を図りながら、人工透析の実施に対する取り組みを行っています。

そのために近年では、本当に沢山のサービス付き高齢者向け住宅で人工透析も受けられるようになっていて、安心した状態で入所する事が可能になっています。透析患者の寿命にも貢献しているのです。

今までは在宅では無く、人工透析のために通院しなければならなかったという方でも、サービス付き高齢者向け住宅に入所する事でわざわざ通院せずに人工透析を受ける事が可能になっています。

また体調に関して何か変化が起きた時には24時間常駐の医療従事者に対応して貰う事が可能ですので、こうした部分でも安心だと言われています。

特に人工透析は時間が必要で、病院が混んでいたりすると、本当に一日が潰れてしまうほどですが、サービス付き高齢者向け住宅に入所する事で不便さを感じる事は無く、透析を受ける事が可能になります。

こうした部分は大きなメリットになると言われていますし、今までは大きな病院に人工透析を受けに行かなくてはならないという負担が軽減されて助かっていると言う人もいます。

人工透析が必要な場合でも、サービス付き高齢者向け住宅への入所は可能ですから、是非入所を検討してみてください。

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準

サービス付き高齢者向け住宅は高齢者の居住の安定を図るため、住宅に関するハードとソフトの両面にわたって登録基準を設けています。

1.住宅のハードに関する基準

面積は一住戸あたり原則25平米以上を確保する必要があります。ただし、高齢者向け住宅の場合は、共同で利用する交流スペースや食堂が用意されていることもあることから、共同で利用するに十分な面積の居間・食堂・台所等が確保されている場合は、18平米以上とされています。

設備については原則、各住戸に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えていることを求めています。ただし共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えることにより、各戸に備える場合と、同等以上の居住環境が確保される場合は、少なくとも水洗便所、洗面設備があればよいこととされています。

老人性うつ病とは高齢者が生活する場所であることから、バリアフリーを満たすことが必要です。段差のない床、手すりの設置、廊下幅の確保のために必要な具体的な数値等の基準が定められています。加齢黄斑変性などの眼の病気を持っている高齢者のために配慮した作りも、基準には無いですが重要な検討材料です。

サービス付き高齢者向け住宅の意義

ハードとソフトの両面で安心して暮らせる住宅に必要な基準をクリア

サービス付き高齢者向け住宅は、登録基準を満たすことで、都道府県・政令市・中核市に登録できる制度です。

この登録基準には、

  1. 住宅の面積や設備に関する基準
  2. 提供するサービスに関する基準
  3. 入居者と事業者が締結する契約に関する基準

があります。

つまり、サービス付き高齢者向け住宅として登録されれば、上記の基準を満たしていることになります。

様々なタイプの生活支援・介護・医療サービスを提供

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準のうち、サービスの基準に関して、ケアの専門家が日中常駐して、安否確認や生活相談サービスを提供します。

認知症の方だけでなく、アスペルガー 有名人などの発達障害者にも適した住宅といえるでしょう。

他の生活支援サービスや介護・医療サービスについては、提供するか否か、提供するならばその提供方法、提供するサービス施設が併設されているか否かは住宅により多様です。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー構造の住宅で、介護・医療と連携して高齢者の安心を支えるサービスを提供します。

ケアの専門家の安否確認や生活相談サービスを提供するとともに、住宅としての居室の広さや設備、バリアフリーといったハード面の条件を備えています。このため、高齢者が安心して暮らすことができる環境を備えた住宅といえます。

国土交通省・厚生労働省の「高齢者住まい法」(正式名称:高齢者の居住の安定確保に関する法律)の改正により創設された登録制度で、登録は都道府県・政令市・中核市が行い、家賃やサービスに関する情報が公開されます。

サービス付き高齢者向け住宅については、安否の確認や生活の相談サービス以外の、生活支援・介護・医療サービスの提供・連携方法にはさまざまなタイプのものがあります。

また、高齢者の無駄毛を処理するには専門の脱毛サロンの施術を行った方がいいでしょう。脱毛サロン ミュゼ 予約などのサイトで確認し、高齢者にやさしい脱毛をしてあげたいですね。