月別アーカイブ: 2014年4月

サービス付き高齢者向け住宅の意義

ハードとソフトの両面で安心して暮らせる住宅に必要な基準をクリア

サービス付き高齢者向け住宅は、登録基準を満たすことで、都道府県・政令市・中核市に登録できる制度です。

この登録基準には、

  1. 住宅の面積や設備に関する基準
  2. 提供するサービスに関する基準
  3. 入居者と事業者が締結する契約に関する基準

があります。

つまり、サービス付き高齢者向け住宅として登録されれば、上記の基準を満たしていることになります。

様々なタイプの生活支援・介護・医療サービスを提供

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準のうち、サービスの基準に関して、ケアの専門家が日中常駐して、安否確認や生活相談サービスを提供します。

認知症の方だけでなく、アスペルガー 有名人などの発達障害者にも適した住宅といえるでしょう。

他の生活支援サービスや介護・医療サービスについては、提供するか否か、提供するならばその提供方法、提供するサービス施設が併設されているか否かは住宅により多様です。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー構造の住宅で、介護・医療と連携して高齢者の安心を支えるサービスを提供します。

ケアの専門家の安否確認や生活相談サービスを提供するとともに、住宅としての居室の広さや設備、バリアフリーといったハード面の条件を備えています。このため、高齢者が安心して暮らすことができる環境を備えた住宅といえます。

国土交通省・厚生労働省の「高齢者住まい法」(正式名称:高齢者の居住の安定確保に関する法律)の改正により創設された登録制度で、登録は都道府県・政令市・中核市が行い、家賃やサービスに関する情報が公開されます。

サービス付き高齢者向け住宅については、安否の確認や生活の相談サービス以外の、生活支援・介護・医療サービスの提供・連携方法にはさまざまなタイプのものがあります。

また、高齢者の無駄毛を処理するには専門の脱毛サロンの施術を行った方がいいでしょう。脱毛サロン ミュゼ 予約などのサイトで確認し、高齢者にやさしい脱毛をしてあげたいですね。