月別アーカイブ: 2015年4月

アスペルガー症候群と診断されても入居できるサ高住

アスペルガー症候群という病気を知っていますでしょうか。
病名からは症状が理解し辛いかと思います。
アスペルガー症候群とは自閉症の中の一つのタイプになります。
他人との社会関係を持つこと、コミュニケーションをとること、想像力に乏しいことで判断することができます。
子供でも大人でも同様な症状のため年齢に関係なく診断することができます。
アスペルガー症候群は知的障害を伴いません。
コミュニケーションについて特異性があります。また何もせずに放っておくと鬱病にもつながると言われています。
よく空気が読めないという表言をすることがありますが、アスペルガー症候群アスペルガー症候群の人にはそういったことご多く見られます。空気を読むことが苦手な反面、突出した記憶力があるのも特徴です。
何気なく目にした新聞の野球選手の打率を覚えていたりなどします。
アスペルガー症候群とADHDと比較されることもあります。
自分ではなかなか自分がアスペルガー症候群かどうか診断することはないと思います。
親が子供をよく見てあげることが必要です。
病気を理解して受け入れることが必要です。
アスペルガー症候群の診断テスト受けた結果、アスペルガー症候群と診断されたからといって何もできないわけではありません。
ほかの人に比べて優れた能力も持っています。
そこを伸ばしていってあげる手助けや導きをするのがおやの役目だとおもっています。インターネットサイトでも質問に答えるだけで簡単に診断できるものもあります。
しかし自閉症やADHDなど他の要素も関わるため、専門家の診断を受けることを勧めます。
また本人より周りの人間が少し違うなと気付くのも特徴の一つです。
身近にそのような症状の人がいたらまずはその人自身を受け入れてあげることが必要です。
原因がはっきりしない部分があるので誰に起こってもおかしくないものです。脳の先天的な障害と言われていますがどこの部分に障害を起こしているかなどはまだ未確定です。
より高い能力を発揮することも認められていますが、チックや多動症などの症状も併発するため、周りの人間が理解を示し早く専門医にかかれるように社会全体で取り組む必要があると思います。
診察は複数回にわたります。
レントゲンなどでわかるものではないので、時間をかけて何度も問診する必要があります。
コミュニケーションがうまく取れないと悩んでいる方は専門医を訪れてみてください。
自己判断ではなく周りの人と関わることが大事です。