サービス付き高齢者向け住宅の意義

ハードとソフトの両面で安心して暮らせる住宅に必要な基準をクリア

サービス付き高齢者向け住宅は、登録基準を満たすことで、都道府県・政令市・中核市に登録できる制度です。

この登録基準には、

  1. 住宅の面積や設備に関する基準
  2. 提供するサービスに関する基準
  3. 入居者と事業者が締結する契約に関する基準

があります。

つまり、サービス付き高齢者向け住宅として登録されれば、上記の基準を満たしていることになります。

様々なタイプの生活支援・介護・医療サービスを提供

サービス付き高齢者向け住宅の登録基準のうち、サービスの基準に関して、ケアの専門家が日中常駐して、安否確認や生活相談サービスを提供します。

認知症の方だけでなく、アスペルガー 有名人などの発達障害者にも適した住宅といえるでしょう。

他の生活支援サービスや介護・医療サービスについては、提供するか否か、提供するならばその提供方法、提供するサービス施設が併設されているか否かは住宅により多様です。