サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー構造の住宅で、介護・医療と連携して高齢者の安心を支えるサービスを提供します。

ケアの専門家の安否確認や生活相談サービスを提供するとともに、住宅としての居室の広さや設備、バリアフリーといったハード面の条件を備えています。このため、高齢者が安心して暮らすことができる環境を備えた住宅といえます。

国土交通省・厚生労働省の「高齢者住まい法」(正式名称:高齢者の居住の安定確保に関する法律)の改正により創設された登録制度で、登録は都道府県・政令市・中核市が行い、家賃やサービスに関する情報が公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です